住宅を作る時の間取り

>

部屋の位置や見える角度

庭やベランダの位置を決めよう

好きな位置にベランダを作りたいと考える人がいますが、そこで洗濯物を干そうと思っている時は、日当りも考慮してください。
あまり太陽が当たらない位置になってしまう時は、別の位置にベランダを作った方がいいです。
人気の事例では、ベランダはしっかり太陽の光が届く位置に作られています。
洗濯物を乾かすために、太陽の光は欠かせない存在になると思ってください。

庭で洗濯物を干そうと思っている時は、同じように太陽の位置をチェックしましょう。
また狭いと洗濯物を全て干すことができなかったり、作業しにくくなります。
作業しやすい大きさを確保すれば、選択の負担が減ります。
事例を見て、少しでも家事が楽になる間取りを考えましょう。

人から見られない間取りにする

間取りを失敗すれば、ドアを開ければ室内が丸見えになったりします。
プライバシーが一切守られない住宅になったら嫌ですよね。
人に見られたくない部分はしっかりと隠せるように、事例を見ながら間取りを考えてください。
玄関の真正面にトイレがある間取りでは、お客さんにトイレを見せることになります。
毎日綺麗に掃除しても、トイレは不潔という印象を抱いている人がいます。
なるべくトイレが見えない間取りにした方がいいでしょう。

窓の位置によっては、近所の住宅から中が見える可能性があります。
太陽の光を浴びるのはいいことなので、たくさん窓を取り付けたいと考える人が多いでしょう。
ですが、むやみに窓を取り付けると丸見えになるので注意してください。


この記事をシェアする