住宅を作る時の間取り

>

大きすぎる部屋はダメ

ピッタリな大きさを把握しよう

広すぎる部屋にすると、様々なデメリットが生まれます。
掃除が大変になるのもおすすめできないので、他の人の事例を見てちょうどいいサイズを見つけてください。
またリビングだけでなく、トイレの広さも重要です。
広いトイレはゆったりできますが、トイレットペーパーを取るまでの距離が長くなります。
大人なら普通に使える距離でも、子供にとっては遠いと感じるかもしれません。

自分が気にならない部分は見落としがちですが、家族みんなのことを考えて間取りを考えてください。
室内を広くするとその分収納スペースが減ってしまうと覚えておきましょう。
収納スペースも十分に確保した上で、生活を無事に送れる広さを考えれば暮らしやすい住宅になります。

コンセントまでの距離

部屋が無駄に広くなると、コンセントまでの距離が遠くなるというのもデメリットです。
どうしても大きな室内にしたい時は他の人の間取りを参考にして、ベストなコンセントの位置を考えてください。
部屋が広くても、使いやすい部分にコンセントがあれば家電を使えます。
コンセントの数も、ちゃんと考えなければいけません。

少ないと、設置できる家電の数が少なくなります。
おすすめの事例を見ると、それぞれの部屋に最低でもコンセントを2つは用意している傾向が見られます。
洗面所やキッチンはたくさんの家電を使うと考えられるので、2つ以上のコンセントを準備しても無駄にはならないでしょう。
どこに何の家電や家具を置くのか、イメージしてください。


この記事をシェアする